『作業事例』パナソニックお掃除ロボットエアコン分解クリーニング

こちらのページではパナソニックのお掃除機能付きエアコンの分解清掃をした時の様子をご紹介します。

パナソニックお掃除エアコンの特徴は、とにかく電気配線が多いです。それらも全部はずします。

もちろん皆さんが気にされているファンの汚れもバッチリきれいにします。

どのようにファンをキレイにするのか?

それも含めてご紹介していきます。

パナソニックおそうじエアコンは、年代によって構造が変わります。今回は、2010年製前後のモデルです。

パナソニックお掃除エアコンの分解クリーニングの様子

これが今回のエアコンの外観です。リモコンで運転スイッチを入れると、正面のパネルが上に持ち上がります。吹き出し口の羽も開きます。パナソニックお掃除機能付きエアコンの外観

これが、メインカバーを外した様子です。このモデルは右側にコアとなる電気部品が付いています。表面カバーを分解した様子

これが、外せる部品をした所です。アルミ色の熱交換器にほこりとカビがたっぷり付着してますね。パナソニックお掃除エアコン熱交換器の汚れ

そして、熱交換器を高圧洗浄するために、ビニールで養生します。この下にバケツがあり、そこに汚水が集まるような仕組みです。エアコン本体を養生したところ

高圧洗浄機は上の青い機械です。使用中は、少し大きめの音がします。エアコン用高圧洗浄機

この様にブシャー!っと直接洗浄剤を拭きかけていきます。熱交換器の高圧洗浄中

洗浄剤はスプレイヤーや蓄圧噴霧器で拭きかけて、すすぎの時だけ高圧洗浄機を使用するという方法をとっている業者もいます。私は、洗浄剤もすすぎも高圧洗浄機を使用します。

洗浄後です。バッチリきれいになりました。洗浄後の熱交換器

一方外した部品はというと…

メインカバー、ドレンパン、ファンなどです。ちょっとわかりずらいですね。パナソニックお掃除エアコンカビだらけのファンとドレンパン

これが拡大したファンです。特に右下ですが、白いカビが付着して汚れているのがわかりますね。このファンが回転して風を起こします。なので、このファンに付着したカビ菌も部屋中に待ってるんですよ。カビだらかのファン、ローラー

私は、外した部品も高圧洗浄でキレイにします。特にファンの汚れは高圧洗浄でないとなかなか落ちてくれませんから。

外した部品の洗浄ですが、集合住宅なら浴室かまたはベランダ、一戸建てなら外かベランダで洗わせていただきます。

今回は、集合住宅だったので浴室で洗っていきました。本体に使用する高圧洗浄をそのまま部品にも同様に行ないます。こうすることで、細かかい凹凸に入り込んだカビもキレイにしやすいです。ファンとドレンパンを洗浄中

これが洗浄後のファンです。新品の様になりました。(モヤモヤした模様は元々の樹脂の素材です。)キレイになったファンこれでカビ菌がキレイになくなったので、部屋にまき散らかされることもなくなります^^

ファンの上にある白い横長の部品(発泡スチロール)がドレンパンです。キレイになぅたドレンパンとファン

この後、組み立てて終了です。

分解作業を見ているお客様が良く言います。

「これ元に戻せるんですか?」と。

それくら、分解します。

パナソニックエアコン分解クリーニングにかける時間

基本的にエアコン分解クリーニングは私一人作業です。

今回のこのパナソニックお掃除エアコンは準備やかたずけを含めて3時間半ほどかかりました。

しっかり分解してクリーニングすると、どうしてもこのくらいかかります。

お掃除機能付きエアコンは、パナソニックに限らず内部構造が複雑です。

部品点数も多くなりますから、分解やクリーニングにかかる時間は、普通のエアコンの倍近くになります。

お問い合わせ:お申込みについて

【お電話でお問い合わせの方】
【090-8860-6687】(受付AM9:00~PM19:00)までご連絡ください。※当店への営業電話は固くお断りいたします。

電話でお問い合わせの方用ボタン

【メールフォームにてお問い合わせの方】
下記のメールフォームをクリックし、必要事項を記入して送信して下さい。3日以内に返信させていただきます。メールでお問い合わせの方用ボタン

※当店の空き日程のお問い合わせは、お電話をお勧めします。タイムリーな情報がお伝えできます。お急ぎでない場合はメールフォームでも構いません。

過去の作業事例集
tajima-clean.jpをフォローする
エアコン分解クリーニング専門サイト|タジマクリーンサービス
タイトルとURLをコピーしました