『作業事例』一宮市で富士通エアコン分解クリーニング 

こちらのページでは一宮市で富士通エアコン分解クリーニングの様子をご紹介します。

私がどのように分解してクリーニングをするのか写真付きでご紹介します。

その前に、富士通エアコンの分解クリーニングではある特徴があるのでそちらの話をします。

富士通エアコンの「ある特徴」

富士通エアコンは壁にかけたままでも、とても進んだ分解ができます。

進んだ分解というのは、エアコンを取り外した時と同じくらい分解ができます。

またわかりにくいですね(^^;)

通常エアコンは、壁にかけたままだと外せない部品があったりします。

富士通エアコンの場合は、そのような部品も取り外せます。

次の写真を見てください。
ケーシングが残ったエアコン

↑このエアコンも良く分解できています。(Panasonicエアコン)ただし、熱交換を保持するのにメインのプラスチック部品(白色のケーシング)が残ったままです。これは通常壁にかけたまま外すのはなかなかできません。

富士通の場合はこれも容易に外せます。

どうなるかというと…ここまで分解できます。
分解後の富士通エアコン

これが富士通エアコンの特徴です。

お掃除ロボットエアコンでも同じです。

では、実際に作業の様子をご紹介します。

富士通エアコンの分解クリーニングの様子

これは一宮市のお宅で私が実際にエアコン分解クリーニングをした、2012年製の富士通エアコンです。(フィルター自動掃除機なし)富士通エアコン

普通は、エアコンクリーニングというと、ここまでしか分解しません。この後は、右側にある電気部品を濡らさないようにタオルをかけてクリーニングをします。普通の業者さんはここまでしか分解しません

しかし、私はこの先もこのように分解を進めます。ファンもドレンパンも外します。
熱交換器

これが外した部品です。(上がドレンパンユニット、下がファンです。)ドレンパンやファン

これらは、外した部品は別の場所で洗います。集合住宅なら浴室またはベランダ。戸建てなら外、またはベランダで洗っていきます。

今回の一宮のお宅では、戸建てでした。ですので、外スペースで洗っていきます。写真ではシャワーを使っていますが、実際には高圧洗浄も使用します。ドレンパンやファンを外で洗っている様子

ファンも、ドレンパンもキレイになりました。ケーシング

残った熱交換器ももちろん高圧洗浄してキレイにしていきます。熱交換器を高圧洗浄している様子

熱交換器の洗浄は、まずは洗浄剤を拭きかけます。その後に水で流していきます。

 

富士通エアコンですが他のエアコンに比べると、本体の養生に時間がかかります。

大まかな作業時間ですが、道具の準備かたずけなど、何もかも含めると2時間~2時間半ほどです。

一宮市でエアコン分解クリーニング業者を探している方へ

私のエアコン分解クリーニングは、相場より少し高いです。

その分、丁寧な分解洗浄で、エアコン内部の奥の奥までキレイにしていきます。

エアコンクリーニング大好きです。

ぜひ、お問い合わせ下さい。

お問い合わせ:お申込みについて

【お電話でお問い合わせの方】
【090-8860-6687】(受付AM9:00~PM19:00)までご連絡ください。※当店への営業電話は固くお断りいたします。

電話でお問い合わせの方用ボタン

【メールフォームにてお問い合わせの方】
下記のメールフォームをクリックし、必要事項を記入して送信して下さい。3日以内に返信させていただきます。メールでお問い合わせの方用ボタン

※当店の空き日程のお問い合わせは、お電話をお勧めします。タイムリーな情報がお伝えできます。お急ぎでない場合はメールフォームでも構いません。

過去の作業事例集
tajima-clean.jpをフォローする
エアコン分解クリーニング専門サイト|タジマクリーンサービス
タイトルとURLをコピーしました